蹴りのスピードアップ筋トレ4.シシースクワットの正しいやり方

投稿日:

蹴りのスピードをアップするために鍛えたい筋肉である

大臀筋

大腿四頭筋

ハムストリングス

を鍛えることができる基本のシシースクワットの正しいやり方を説明します。

スクワットの種類はいくつかありますが、シシースクワットというのは聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。

シシースクワットは通常のスクワットとは違い、大腿四頭筋のストレッチを意識する種目です。

非常に不安定な種目なので、何かにつかまってやらないとうまくできません。

つま先立ちになった状態から少しひざを前に出します。

ここから体を後ろに倒しながらヒザを前に出し、重心を後ろに倒していきます。

大腿四頭筋がストレッチされていると感じるところまで体を後ろに倒し、そこから戻します。

シシースクワットは股関節を全く動かさずに、ヒザを曲げるのがポイントです。

体を後ろに倒すときにお尻が下がってくると、たんにヒザが前に出たスクワットと変わらないので注意しましょう。

体を倒すときも起こすときも、股関節を曲げないようにします。

お尻を締めて、骨盤を後ろに倒すようにすると股関節を固定できます。

ずっと大腿四頭筋に負荷がかかるように、体を起こしたときに、ひざが完全に伸びないように気を付けましょう。

【関連】空手の蹴りのスピードアップのために鍛えるべき筋肉をピックアップ

-空手の練習

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.