蹴りのスピードアップ筋トレ7.バイシクルクランチの正しいやり方

投稿日:

蹴りのスピードをアップするために鍛えたい筋肉である

腸腰筋

を鍛えることができるバイシクルクランチの正しいやり方を説明します。

体をひねるのでツイストクランチともいいます。

腸腰筋の他に腹斜筋、腹直筋も鍛えることができます。

床に仰向けになり、ヒザを90度に曲げて持ち上げます。

頭と肩を浮かせて、手は頭の後ろに軽く添えておきます。

左ひざを胸に引き寄せながら、右肘をまっすぐ前に伸ばし、脇腹をひねって右肘と左ひざがつくようにひねります。

この動作を左右交互に繰り返します。

目標は、左右15回ずつ×3セット。

腸腰筋を意識して行いましょう。

腸腰筋をしっかり鍛えるためには、反動をつけずにひねることです。

腸腰筋は足をまさに足を上げるのに使われる筋肉。

ここを鍛えることで、蹴りのスピードでライバルに差をつけられますよ。

【関連】空手の蹴りのスピードアップのために鍛えるべき筋肉をピックアップ

-空手の練習

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 世界空手道協会(WKA)-空手で強くなるために , 2018 All Rights Reserved.