蹴りのスピードアップ筋トレ8.レッグレイズの正しいやり方

投稿日:

蹴りのスピードをアップするために鍛えたい筋肉である

腸腰筋

を鍛えることができるレッグレイズの正しいやり方を説明します。

レッグレイズはやり方によって腹直筋も鍛えることができます。

というか、レッグレイズは腹直筋下部を鍛える種目として知られています。

しかし、足を上げる動作ですので、腸腰筋を鍛えることもできる種目です。

ここでは、腸腰筋に効くやり方を説明します。

床に仰向けになります。

片足のヒザを立てるように曲げます。

ヒザを立てた状態から、足を上に持ち上げていきます。

持ち上げた足をゆっくり床におろしていきます。

太ももの付け根あたり(腸腰筋)を意識して行いましょう。

息を吐きながら足をゆっくりおろすようにします。

足をおろすときは必ずゆっくり。この種目は速くやると腰を痛めてしまいます。

片足5回ずつ、3セットを目標に行いましょう。

ちなみに、腹筋下部を鍛えてシックスパックにしたいときのやり方は次の動画が参考になります。

【関連】空手の蹴りのスピードアップのために鍛えるべき筋肉をピックアップ

-空手の練習

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 世界空手道協会(WKA)-空手で強くなるために , 2018 All Rights Reserved.