蹴りのスピードアップ筋トレ10.サイドランジの正しいやり方

投稿日:

蹴りのスピードをアップするために鍛えたい筋肉である

内転筋

大臀筋

ハムストリングス

を鍛えることができるサイドランジの正しいやり方を説明します。

スポンサーリンク

サイドランジのやり方

肩幅程度に足を広げ、背すじを伸ばします。

つま先は前に向けます。

片足を肩幅の2倍ほど横に踏み出し、体重を乗せながらゆっくりとしゃがんでいきます。

ヒザを曲げるという意識ではなく、股関節を曲げる意識で行います。

内ももがしっかり伸びる程度にしゃがみ込みます。

かかとに力を込めるようにして上体を起こしていきます。

体が丸まらないように背筋を伸ばして行います。

これを左右交互に繰り返します。

目標は15回を3セットです。

【関連】空手の蹴りのスピードアップのために鍛えるべき筋肉をピックアップ

-空手の練習

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 世界空手道協会(WKA)-空手で強くなるために , 2018 All Rights Reserved.