自分の考え方のクセを知る

更新日:

半分水が入ったグラスを見て、あなたはどう感じますか?

という有名な質問がありますよね。

あなたはどちらのタイプですか?

「まだ半分もある!」と感じるタイプか、「もう半分しかない・・・」と感じるタイプかどちらでしょうか?

全く同じ経験をしても人によって感じ方が違うのは当然なのですが、この感じ方を自分にとって良い結果がもたらされるような考え方にしていくのがメンタルトレーニングです。

メンタルトレーニングは思考と行動を変えることによって、感情を良いものに変えていくものです。

もちろん自分の考え方を変えていくというのは、とても大変なことですが、メンタルトレーニングを継続することで、自分の考え方を変えていくことができます。

思考を変えるためには、まず自分が普段どんな考え方をしているのかをはっきりとさせる必要があります。

あなたの思考と行動にも必ずクセがあります。

このクセを知ることで、思考と行動を修正しやすくなります。

では、自分の思考や行動のクセを知るにはどうすればいいでしょうか?

とにかくメモすることです。

試合で勝ったときには

  • どんな準備をしたのか?
  • 試合が始まる前はどんな気持ちだったのか?
  • 何に注意していたのか?

試合で負けたときには

  • どんな準備をしたのか?
  • 試合が始まる前はどんな気持ちだったのか?
  • 何に注意していたのか?

良い時と悪い時では何が違ったのか、ノートに書いて比較することで、自分の考え方のクセを知る手掛かりになります。

プロ野球広島カープの丸選手は、高校のときから「野球ノート」というものを作っていて、先輩やコーチからアドバイスされた内容や、それを実行してどうだったか、どう感じたかなどをノートに書き込み、それを見返す習慣を持っているそうです。

一流のアスリートは自分の行動や思考を記録しているのですね。

あと、行動のクセに関しては、これは自分で考えるより、自分を良く知る人に聞いた方がよくわかるでしょう。

これを積み重ねることで、試合の結果が悪かったときの自分の思考と行動のパターンが見えてきます。

-空手の練習

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.