メンタル強化テクニック5.気持ちを切り替えるコツ

更新日:

こんな場面を想像してみてください。

試合中に相手に先にポイントを取られてしまった。そして自分の攻撃はことごとく失敗する。

焦ってきますね。

気持ちを切り替えようと思えば思うほど、ますます焦ってくる・・・

ここでスッと気持ちを切り替えることができれば、反撃の糸口をつかめるかもしれません。

ネガティブな状況に陥った時、気持ちを切り替えるにはどうすればいいでしょうか?

メンタルトレーニングの意味は何度も書いているように

思考と行動をコントロールして

感情、身体反応をよりよいものに変えていく

ということです。

焦るという感情、焦りから生じ体の緊張、ドキドキ感という身体反応、これらは直接コントロールすることはできません。

思考と行動を変えることによって焦りを抑えていくようにします。

具体的には、「メンタル強化テクニック3.集中力を高める4つのコツ」でも紹介したフォーカルポイントを作っておくことです。

試合場のどこでもよいので、ある一点(場所)を自分で決めて、そこを見ると「集中力が高まる」、「集中力が回復する」、と決めておくのです。

その点を見ることで気持ちを切り替えるきっかけとすることができます。

これはもちろん試合前のこと。

試合中はどこか一点を見つめていたりしたら、相手に速攻でやられてしまいます。

試合中は相手の体のどこか一点を見つめるようにしてください。

そして、フォーカルポイントを見つめることとセットして、

  • 肩を上下させる
  • 数秒でよいので吐く息に意識を集中する

これをやってみてください。

焦っているという感情に当たっている焦点を他のものに意識を集中することで切り替えることができます。

ただし、フォーカルポイントのテクニックを使うには、日頃からのメンタルトレーニングが必要です。

本番でいきなり「ここをフォーカルポイントにしよう」と決めたところで効果は期待できないでしょう。

  • 何を見つめるという行動
  • 肩を上下させるという行動
  • 吐く息に意識を集中するという行動

これらの行動によって、気持ちを切り替えることができるということを自分にとっての事実となるように、何度も何度も自分自身に刷り込みを行っておかなければ、フォーカルポイントというテクニックは使えません。

日頃、突きや蹴りの練習をするのと同じように、メンタルも鍛えることで強くなるという意識をもって、メンタル強化トレーニングを行っていきましょう。

-空手の練習

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.