空手道着と柔道着は同じ?柔道着で空手をやっても大丈夫?

更新日:

空手道着と柔道着って見た目はよく似ていますが同じなのでしょうか?

柔道着で空手をやったり、空手道着で柔道をしても大丈夫なのでしょうか?

違うとしたらどのような違いがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

空手道着と柔道着の違い

空手道着と柔道着は違います。

何が違うかというと生地の厚さが違います。

生地の厚さが違うということは強度が違うということです。

競技の特性上、柔道は相手の道着を掴んで投げたりするので、破れにくいように厚い生地で出来ています。

一方の空手は道着をつかまれることはなく、競技にはスピードが必要なので、動きやすいように薄い生地で出来ています。

したがって、空手着で柔道をすると、破れる可能性が高いです。

素材は綿が中心ですが、ポリエステルを配合したものも多く、メーカーによって素材の配合割合は異なります。

ポリエステル配合のもののほうが洗濯はしやすそうですね。

空手道着、柔道着それぞれの規定

空手はさまざまな流派がありますが、日本で最大の団体は伝統派空手を束ねる全日本空手道連盟です。

全日本空手道連盟による服装規定は次のようになっています。

白で無印の空手着を着用

競技者の一人は赤帯、もう一人は青帯を着用

帯の幅は約5cmで長さは結び目の両端の余りが15cm程十分に残る長さ

上着の長さは、帯をしめた状態で腰をおおう程度とし、大腿の3/4まで

女子の場合は空手着の下に白無地のTシャツを着用しても可

上着の袖の長さは手首までで、前腕の中程より短くてはならない

上着の袖をまくってはいけない

ズボンの長さは下肢の2/3をおおう程度

ズボンの長さはかかとが隠れてはいけない

ズボンの裾はまくりあげてはいけない

一方、柔道は全日本柔道連盟が定めた服装ルールがあるようです。

こちらの記事がわかりやすく説明しています。

MIZUNO柔道衣のルール

-空手 道着

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.