空手道着を長持ちさせる上手な洗濯のやり方

更新日:

この記事では、空手着を良い状態で長持ちさせるための上手な洗濯のやり方について説明します。

では、いってみましょう!

スポンサーリンク

空手着はどんな素材でできている?

空手着に限らず、衣類を洗濯するときは、衣類についている洗濯表示を見るという人もいるでしょう。

衣類は実に様々な素材でできていて、その素材ごとに最適な洗濯方法が異なります。

まずは、空手着を正しく洗うために、空手着がどんな素材でてきているかチェックしておきましょう。

空手着の素材は、綿ポリエステルが主流です。

そして、11号帆布、10号帆布使用という空手着を見たこともあるかもしれません。

この帆布とは一体何なのでしょうか?

空手着に使われる綿やポリエステルといった素材を洗濯するときにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

こちらの記事にまとめました。

【関連】空手着はどんな素材でできている?

空手着洗濯の注意点

ほとんどの空手着は

  • 綿100%
  • 綿・ポリエステル混混紡
  • ポリエステル100%

このいずれかで作られています。

これらを基本に、伸縮性を持たせるためにスパンデックス、ポリウレタンを使用している場合もあります。

どんな素材でできているかによってベストな洗濯方法も異なりますので、それぞれについてみていきましょう。

スポンサーリンク

綿100%の空手着の洗濯方法

綿100%の空手着の場合、普通にジャブジャブ洗濯機で洗えばいいのですが、いくつか注意点があります。

綿は水に濡れると縮みます。

空手着の情報を掲載するサイトの中には「最近の空手着は洗濯しても縮まない」と説明しているものもありますが、縮みます

綿は水に濡れると縮む性質を持っているのです。

ただ、最近の空手着の中には「防縮加工」といって、繊維が縮みにくい加工をしているものがあります。

しかし防縮加工をしていてもまったく縮まないわけではなく、防縮加工をしていないものに比べて縮みにくいというだけです。

一概には言えませんが、目安として

防縮加工なしの綿100%の空手着が洗濯によって5~7%縮むのに対して、防縮加工をしていると縮みが2~3%に抑えられるという感じでしょうか。

ということで、空手着を買うときには縮むのを見越してサイズ選びをする必要があります。

本来は縮んでもアイロンがけをすれば伸ばすことができるのですが、空手着のように厚い生地は伸ばすのが大変ですからね。

もうひとつの注意点は高温のお湯で洗わないことです。

汗で襟が黒ずんでいたりすると、どうしても高温のお湯で洗いたくなってしまいますが、高温のお湯で洗うと確かに汚れは落ちるのですが、ひどく縮みます。

湯温は高くても40℃くらいにしておくのが無難です。

縮みなんか気にしないという場合は熱湯でもいいのですが・・・

ポリエステル100%の空手着の洗濯方法

ポリエステル100%の空手着は少ないですが、軽量の空手着を作りたいときにはポリエステルが使われます。

ポリエステルは

  • 型崩れしにくい
  • シワになりづらい
  • 軽くて丈夫

というメリットがありますが、

  • 汚れがたまって、黒ずみやすい
  • 毛玉ができやすい
  • 静電気がおきやすい

というデメリットもあります。

なので、空手着の襟汚れがひどくなりやすいのは、ポリエステルが配合されているものです。

ポリエステル素材を洗濯するには、

  • 洗濯機
  • 手洗い

の2種類の方法がありますが、空手着を手洗いすることはあまりないと思いますので、洗濯機での洗濯方法を説明します。

1.汚れが気になる部分がある場合は弱アルカリ性洗剤をつける

2.洗濯ネットに入れる

3.洗濯機に弱アルカリ性洗剤と、黒ずみが気になる場合は酸素系漂白剤を入れる

4.洗濯機をまわす

5.脱水は30秒~60秒で短めに

※長めに脱水するとシワになって取れにくくなります。

ポリエステルはとても乾きやすい素材なので短時間の脱水でOKです。

またポリエステル素材を洗濯するときには再汚染に注意が必要です。

ポリエステルという素材は汚れをためやすいため、洗濯中に再び汚れてしまう、「逆汚染」という現象が起こりやすいのです。

逆汚染を防ぐためには3つのポイントがあります

  • 洗剤と水の量は多めに
  • 洗濯機に衣類を詰め込まない
  • 汚れがひどいものとは別に洗う

これを心掛けておくことで逆汚染は防げます。

スポンサーリンク

綿・ポリエステル混紡の空手着の洗濯方法

綿・ポリエステル混紡の空手着も増えてきていますが、上に書いたように、綿もポリエステルも基本的に洗濯に強い素材です。

ポリエステルが混紡されている場合、綿100%のものに比べて縮みは小さくなるでしょう。

ポリエステルが混紡されている分、再汚染が発生する場合がありますので、上の逆汚染を防ぐ3つのポイントに従って洗濯しましょう。

 

襟のひどい黒ずみをスッキリ落とす方法

普通に洗濯しても襟・袖の黒ずみが落ちないというときのおすすめの方法を紹介します。

空手着をぬるま湯で濡らし、汚れを落としたい部分に食器用洗剤を直接塗ります。

もみ洗いをして、その後に洗濯機で普通に洗濯します。

襟・そでの汚れの原因の多くは皮脂なので、油を落としてあげればよいということです。

食器用洗剤の他に

クレンジングオイル

重曹+クエン酸

を使っても効果的です。

クレンジングオイルは同じように汚れを落としたい部分に塗ってもみ洗いをして、その後に普通に洗濯機で洗います。

重曹+クエン酸を使う場合は

小さい容器に重曹ペースト(水:重曹=250ml:小さじ1程度)を作り、それを汚れを落としたい部分に塗りつけます。

次にスプレー容器にクエン酸スプレー(水:クエン酸=100ml:小さじ1/2)を作りましょう。

それを重曹を塗った部分に吹き付けていきます。

重曹はアルカリ性、クエン酸は酸性なので、中和反応がおこり、シュワシュワと発泡します。

その泡が汚れを落としてくれます。

この場合も、その後洗濯機で洗濯します。

-空手 道着

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.