縮んでしまった空手道着を戻す方法&上手な乾燥のやり方

更新日:

買ったばかりの空手着を洗濯して乾燥したら、すごく縮んでしまった・・・

この記事では、こんなときの対処法と空手着の上手な乾燥のやり方を説明します。

スポンサーリンク

綿100%の空手着は縮むもの

空手着の素材は

  • 綿100%
  • ポリエステル100%
  • 綿・ポリエステルの混紡

このうちのどれかがほとんどを占めます。

これに伸縮性を持たせるためスパンデックスやポリウレタンが配合されているものもあります。

このうち、綿100%の空手着を買って最初に洗濯・乾燥したときに大きく縮んでしまったという人がいるのではないでしょうか?

綿は水に濡れると縮む性質があるので、多かれ少なかれ洗濯をすると縮んでしまいます。

洗濯した後に高温の乾燥機にかけてしまうと縮みはさらに大きくなります。

この縮みを戻す方法はないのでしょうか?

空手着の縮みを戻す方法

完全に元に戻るわけではありませんが、次のような手順である程度まで回復させることができますので、縮んだ空手着を何とかしたいという人は試してみる価値はあると思います。

1.空手着が完全につかるくらいの大きさのたらいかバケツを用意します。

2.40℃弱のぬるま湯を入れて、その中にジメチコン入りのコンディショナーをお湯1リットルにつき、10ml程度入れて混ぜます。

ジメチコン入りのコンディショナーには例えば下記のものがあります。

黒ばら 純椿油 ツバキオイルコンディショナー

3.その中に空手着を漬け、30分~1時間ほど放置します。

4.丁寧にすすぎ、30秒~1分程度脱水したら陰干しします。

コンディショナーに含まれているジメチコンという成分は繊維をコーティングし、繊維同士の摩擦を軽減させてくれる効果があり、これが縮みを元に戻す働きがあるのです。

スポンサーリンク

空手着の乾燥方法

空手着を洗濯したら、干すときにも注意が必要です。

綿100%の空手着の場合、生地が厚いことが多く、油断していると生乾きになりやすい素材です。

生乾きだと、雑菌が繁殖して、カビ臭いいやーな臭いの原因になります。

当たり前ですが、風の通りがよくなるように、洗濯ものの間隔を20㎝ほどあけて風が通り抜ける道を作り、陰干しするのがおすすめです。

雨の日などは乾燥機で乾燥したくなりますが、綿100%の空手着は乾燥機を使わないようにしましょう。

綿は水に濡れると縮む性質があり、さらに乾燥機で乾燥させると、最後に冷却する工程がありますが、このときに縮みが大きくなります。

ポリエステル100%の場合は、短時間であれば、乾燥機を使えないこともありませんがそもそも乾きやすい素材なので、乾燥機にかける必要はないでしょう。

ポリエステルは合成繊維の中では熱に強い素材ですが、それでも長時間の高温乾燥では生地を傷めてしまいます。

綿とポリエステル混紡の空手着も増えてきていますが、混紡である以上、それぞれの素材の特徴がミックスされます。

混紡の場合も乾燥機は避けた方が良いのですが、どうしても急いで乾燥したいときでも、乾燥機で完全に乾かすのではなく、半乾きの状態で乾燥機から取り出し(熱い状態)て陰干しするようにしましょう。

-空手 道着

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.