今回は、赤磐市の熊山に登ってきたのでレポートします。

熊山の登山コース・所要時間・消費カロリー・見どころなど解説します。

熊山に登るにはいつくかのコースがあります。

今回は最もオーソドックスで利用者の多い熊山駅方面からのコースを紹介します。

初めて熊山に登る方は、ぜひチェックしてください。

スタート地点・駐車場

熊山駅方面から登るときには、JR熊山駅(山陽本線)の南にある駐車場を目指します。

岡山の名門進学校である岡山白陵高校が見えます。

駐車は無料です。

熊山の登山口はここ

駐車場から看板が見えます。

ハイキングコースという標識に従い進みます。

熊山登山口の看板が見えてきました。

この看板のある場所、3方向に分かれています。

写真の通り、看板に向かって、すぐ左の道を進みます。

右手に白陵高校の寮が見えてきます。

ここが登山道のスタート地点です。

これより約1時間30分と書いてありますが、1時間30分で登るのはなかなかしんどいです。

熊山登山スタート

最初はアスファルトで舗装された道が少し続きます。

だんだん山道っぽくなってきました。岩がゴツゴツしています。

一本松の札がかかっています。

なんだか休憩ポイントのような場所に出ました。ベンチに座って少し息を整えます。

車道もあり、頂上付近まで車でも登れます。しかし、車で登っては趣がありません。自分の足で登ったときの達成感、爽快感も登山の魅力です。

休憩を終えて、出発です。「登山道が荒れております。お気をつけてお登りください」という標識があります。しかし、熊山駅方面からの登山道は一番登りやすいんじゃないかと思います。

熊山はいくつか分岐する道があるのですが、だいたい「右側」に行けば、頂上までたどり着けます。なかには下の写真のように、「どっちに行ってもOKよ」という親切な標識があったりします。

熊山はここからが厳しい。この階段、膝を90度以上に曲げないと登れません。そして、いったいいつまで続くんだという心が折れそうになるポイントです。

ぜえぜえ言いながら登っていると、ガードレールが見えてきました。車道と交差するポイントです。

車道を横切って、さらに進むと、謎の井戸が現れます。

「飲んでいいよ」的なことが書いてあって、ひしゃくも置いてあるのですが、普通にパスです。誰が飲むんだ、この水。

ここからさらに進むと、熊山神社に到着します。熊山は昔は「霊山」と呼ばれていたそうです。熊山神社をはじめ、頂上には猿田彦神社、別ルートには姫大神神社下之宮、油神社など、複数の神社が山中にあります。

頂上に到着です!頂上には展望デッキがあります。今日は私が一番乗り!

なぜしんどい思いをして、山に登るのか?それは、山頂で飲む一杯のコーヒーのため、なんてね。

家を出るときにサーモスに熱湯を入れておけば、頂上についても熱々のお湯です。

ドリップコーヒーを備前焼で飲む。なかなか優雅でしょ。

熊山の見どころ

では、熊山登山での見どころを紹介します。

最大の見どころは熊山遺跡

熊山最大の見どころは熊山遺跡でしょう。頂上の展望台手前にあります。この場所、大好きです。

奈良時代に作られたと説明書きがあります。何かの祭殿のようにも見えますね。

ここに来ると、悠久の時の流れを感じます。

1300年前に生きた人たちの息吹を感じられるというか。ここで確かに生きた人たちがいたわけです。どんな生活をしていたんだろうと想像が膨らみます。

カエル岩

登山道の途中に大きな岩があります。6合目くらいかな。カエル岩と呼ばれています。

うーん、確かに何となくカエルに見えますね。なんかご利益あるんだろうか??

展望ポイント

頂上までの間にも展望ポイントがあります。ここで休憩するのもいいですね。

熊山神社

さきほども紹介した熊山神社。今日は誰もいませんでしたが、境内のところにノートが置いてあって、たくさんの書き込みがあります。

キツイ参道を登ってきたのですから、ご利益たっぷり、のはず。

天然記念物の杉二本

頂上手前に天然杉が二本そびえたっています。

天然記念物に指定されているらしい。

延命地蔵菩薩

頂上にひっそりと、赤いちゃんちゃんこを着た延命地蔵菩薩。

猿田彦神社

なぜここに?と不思議でしかたないんですが、猿田彦神社があります。

うーん、失礼ながら、あまりご利益なさそう。

展望デッキ

頂上展望デッキからの眺め。500mほどの低山といえど、頂上からの景色を眺めていると、人間ってなんてちっぽけな存在なんだろうと思ってしまいます。

自然の中にいる自分を、ちっぽけな存在と感じる体験をAwe(オウ)体験といいます。

Awe(オウ)体験をしているとき、脳は活性化していることがわかっています。

自分の小さな悩みなんて、「どうでもいいや」と思えるから不思議です。

石積み

見どころというわけじゃないんですが、なんでしょう、これ?登山者が石を積んでいるようです。8合目あたりかな。私も小さいやつを積んでみました。

熊山の頂上までにかかる時間

朝6時18分に登りはじめて、熊山頂上到着が7時44分でした。登りが1時間30分。

頂上でちょっと休憩して下山。下りは1時間20分ほどでした。

熊山の標高

熊山の標高は508mです。岡山県南部で最も高い山とされています。

熊山登山で消費したカロリー

身長170㎝、体重68㎏の私が熊山登山で消費したエネルギーは1588kcalでした。

ほとんど1日の基礎代謝分です。

最後に

熊山の登山ルートはいくつかありますが、今回紹介した熊山駅方面からが一番登りやすいです。

4月から夏にかけては、早い時間から登ることをおすすめします。気温が上がってくると、この時期は虫が大変。朝6時くらいから登れば、10時には下山できます。

朝の時間帯が一番快適に登れますよ。

熊山駅方面ルートよりもワイルドなのがこちらのルート。同じ山でもまったく違った景色を楽しめます。