空手の拳の握り方【突きの威力を高めるには?】

更新日:

突きの練習をする前に必要なのが、しっかりとした拳の握り方です。

正しく握れていないと、突きのパワーも弱くなり、拳を痛める原因にもなります。

空手道の手技の基本中の基本が「拳の握り方」です。

この記事では拳の握り方についてわかりやすくお伝えします。

スポンサーリンク

正拳の握り方

拳の握り方は動画でも解説しているように、小指から順に握り、握った4本の指を親指でしっかりと締める意識を持ちましょう。

このとき親指の握りを強く!

親指の握りが弱いと、突きのときに拳を痛める可能性があります。

正拳突きでは、握った拳の人差し指と中指の付け根の関節部分を直角にした状態で当てることを意識しましょう。

【動画で解説】

握り方も大切ですが、手首をまっすぐにすることも大切です。

手の甲と腕が一直線になる感覚で。

手首が上下に曲がっている状態で突きをすると、手首を痛める原因になります。

〇拳の握り方 良い例

手の甲と腕が一直線になるように意識しましょう。

×拳の握り方 悪い例

親指をしっかり握っていなかったり、手首と腕が一直線になっていないとケガをしやすいので注意が必要です。

その他の握り方

基本は正拳の握りですが、その他のバリエーションをいくつか紹介します。

手刀

親指以外の四指を軽く伸ばして閉じます。

そして親指の第一、第二関節を折り曲げるのが「手刀」です。

主に頭部、首、顔面の攻撃のときに使います。

また、相手の突きや蹴りの受けにも使います。

 

裏拳

裏拳は正拳と同じ握り方ですが、裏拳は手の甲を使います。

意識としては、中指の第三関節あたりが中心になります。

主に顔面や脇腹の攻撃に使います。

掌を自分のほうに(内側)に向けた位置からスタートし、肘の関節を利用して打ち込みます。

二本貫き手

貫き手は現在、組手で使用されることはありません。

そもそも主に目を狙うので、反則になります。

今では型や演武で使われるくらいです。

格闘漫画好きなら知らない人はいない「修羅の門」で不和圓明流の不和北斗が神武館の館長、龍造寺徹心との試合で、徹心の正拳突きに対抗して繰り出しました。

修羅の門コミック【オンラインで購入する】

琉球空手では貫手の鍛錬をする道場がありますが、鍛錬を積んだ空手家の貫手はスイカを貫くこともできるとか!?

鍛錬法としては、バケツに砂を入れて、貫手で突くらしいです。

鍛錬なしにやってしまうと、普通に突き指してしまいますね。

スポンサーリンク

空手の突きの威力を高めるコツ

最後に、空手の突きの威力を高めるコツについて。

拳をしっかりと”締め”、突きが当たる瞬間に”ひねり”を加えることで威力が増します。

手刀や裏拳も同じで、しっかりと拳を”締める”ことが大切です。

以上、空手の拳の握り方とそのバリエーションでした。

-空手の技

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 世界空手道協会(WKA)-空手で強くなるために , 2018 All Rights Reserved.