【初心者向け】空手の正拳突きのコツ【組手で強くなる練習】

投稿日:

正拳突きは、すべての突き技の基本です。

組手の試合でポイントを取るために大切なのは、基本に忠実な突きを出すことです。

その意味でも正拳突きは、すべての突き技の基本であり、突き技のエッセンスがすべて詰まっています。

繰り返し練習してマスターしておきましょう。

スポンサーリンク

正拳突きのポイント

正しい拳の握り方

まずは突きの練習をする前に拳の握り方を確認しておきましょう。

正しい拳の握り方をしておかないと、拳を痛める可能性があります。

【関連】空手の拳の握り方【突きの威力を高めるには?】

拳は一度ギュッと握って締めたら、その後は力を抜く感覚を養うことが大切です。

踏み込み

正拳突きを組手の試合で極めるには、運足が大切です。

後ろ足を素早く前足に引き付け、そのまま前に踏み込んで突きます。

左足を前に出した前屈立ちから右足を引き付け、さらに右足を前に踏み込んで突きます。

足を素早く動かすことで体重移動が素早くなり、拳にパワーが乗りやすくなります。

この場合、右拳で突けば正拳突きの順突きということになります。

左拳で突けば正拳逆突きですね。

このとき、後ろ足を張るようにすると、下半身のパワーが上半身に伝わり突きの威力をアップさせることができます。

拳にひねりを加える

突きを繰り出す瞬間に拳をしっかりと締めて半回転させましょう。

そうすることで突きの力が増します。

この「ひねり」がポイントで、ひねりを加えないとパワーが半減するだけでなく、相手に拳が当たった瞬間に手首が曲がって、ケガをするかもしれないので注意が必要です。

さらに拳にひねりを加えるとともに、腰の回転を意識することも大切です。

引き手(突き手と反対側の手)をしっかり取る

突き手と反対側の手(引き手)をしっかりと取ると、反動で正拳突きのスピードが増します。

拳をしっかり握って腰の上につけるとともに、反対側の腕は脇と肘をしっかりと締めることも大切です。

引き手が十分でなかったり、脇が開いてしまう人を見かけますが、これでは正拳突きの威力を十分に発揮することができません。

脇が開きやすいと感じる人は、関節が固くなっているのかもしれません。

十分にストレッチをして、しなやかな体を作りましょう。

イメージとしては、肘で体をこするように前にまっすぐ付き出すことです。

【関連】空手の試合で勝つための突き(パンチ)を身につける練習法

組手の試合では

試合では相手の正中線を狙って突きを出しましょう。

正中線を狙っていれば、相手が少しくらい動いてもポイントを取ることができますし、相手から最も遠い距離に位置することができます。

-空手の組手・技

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.