【初心者向け】空手の逆突きのコツ【組手で強くなる練習】

投稿日:

空手の逆突きは、前屈立ちの構えから前足(踏み込む足)と逆側の手で突きを出します。

前に出る手と足が逆だから逆突きなんですね。

空手の突きにはいくつかの種類がありますが、逆突きは最も破壊力のある技のひとつです。

ぜひマスターして組手の試合で生かしたいですね。

スポンサーリンク

逆突きのポイント

腰をしっかり落とす

逆突きのコツの一つ目は、腰をしっかり落として骨盤の回転を使うことです。

腰を落とした時に、内ももを締めると、下半身が安定してブレないようになります。

その上で、腰を鋭く回転させ、その力を拳に乗せるようにします。

これで威力のある逆突きができるようになりますよ。

突き手をひねり込む

拳を繰り出し、相手に当たる瞬間に拳をひねり込みます。

これは正拳突きと同じです。

突きを繰り出すときに拳をギュッと握り込み、相手に当たる瞬間にひねることによって威力がアップします。

引き手の反動を意識する

これも正拳突きと同じですが、引き手をしっかり取ることも逆突きの威力を挙げるコツです。

脇と肘をしっかりと締めて、腰の位置に素早く拳を引きましょう。

引き手をしっかり取ることで、反動がつき、突き手にスピードとパワーを加えることができます。

試合では

組手の試合でポイントを奪うには、しっかりと腰の入った突きを出すことが重要です。

腰が入った突きを出すにはどうしたらいいでしょうか?

そのときに意識するのは、後ろ足をしっかり張ることです。

後ろ足を地面にグッと押し付けて、重心を前に移動させながら突くと、腰の入った逆突きを放てるようになります。

-空手の組手・技

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.