【初心者向け】空手の手刀のコツ【組手で強くなる練習】

投稿日:

手刀打ちは、小指側で相手を打つ技です。

昔、プロレスラーの力道山が「空手チョップ」として使っていた技が手刀打ちと言えるでしょう。

手刀打ちは、頸動脈(けいどうみゃく)やコメカミなど相手の急所に打ち込みます。

スポンサーリンク

手刀の作り方

親指を深く曲げて、手のひらに添えます。親指に力を入れて手を固めましょう。

手刀打ちの手順(体の前方から)

後ろ足を引き付け、打ち手を引き寄せて手刀を固めます。

一歩踏み出して、肘のスナップをきかせて、打ち手を繰り出します。

しっかりと引き手を取りながら、打ち手の小指側を相手にヒットさせます。

スポンサーリンク

手刀打ちの手順(体の後方から)

後ろに振りかぶった腕を水平に振る手刀打ちもあります。

腰を回転させながら、同時に肘を回転させて、打ち手を水平に振り出します。

手のひらは真上に向けて、肩と肘のスナップをきかせて、腕を水平に出すことがポイントです。

手刀打ちのコツ

手刀で狙う場所

手刀打ちは正面を向きあった状態で手のひらの小指側を相手にあてます。

そのため相手の上段側面を捉えることができます。

相手の上段側面とはつまり、頸動脈かコメカミあたりです。

ここをめがけて手刀を繰り出します。

肘のスナップが大切

肘のスナップをしっかりきかせることで、最短距離で相手に打ち込むことができます。

手刀を打つときは、手刀の動きと反対方向に腰を回して、確実に引き手を取るようにします。

これを意識して実践することで、手刀のスピード、破壊力が大きくアップします。

手刀をしっかり固める

親指を内側へ曲げて締め、他の4本の指を伸ばして手の平を張るようにしましょう。

手刀を固めることができます。

手刀をしっかり固めておかないと、相手に打ち込んだときに、自分自身のケガにつながることがあります。

スポンサーリンク

試合で手刀打ちを使うコツ

ここでは、手の平を下に向けた手刀打ちを説明しましたが、もちろん手の平を上に向けた手刀打ちもあります。

相手の突きの方向や自分の体さばきによって、この2種類の手刀打ちを使い分けることができるように練習しておきましょう。

-空手の組手・技

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.