【初心者向け】空手の追い突きのコツ【組手で強くなる練習】

投稿日:

空手の追いつきは、踏み込む足と同じ側の手で突きを出します。

逆突きが踏み込む足と反対側の手で突くのに対し、同じ側の手で突くので順突きとも言われます。

突き手の方向と体重移動の方向が同じなので、その場突きよりも格段に威力がアップします。

追い突き(順突き)のほうが、逆突きよりも体重を乗せやすいので、より威力のある突きを繰り出すことができます。

スポンサーリンク

追い突き(順突き)の手順

  1. 前屈立ちの姿勢になり、半身で構えます。
  2. 後ろ足を素早く前側の足に引き付けます。
  3. 引き付けた足をそのまま大きく一歩踏み込み込み、前方へ体重を移動します。
  4. 踏み込んだ足に体重を乗せて、突き手をストレートに出します。

追い突きのコツ

体重移動

前屈立ちの姿勢から素早く後ろ足を前側の足に引き付けます。引き付けるスピードを意識しましょう。

素早く引き付けたら、そのまま大きく前に踏み込みます。

前方への体重移動を素早くすることでエネルギーを拳に乗せることができます。

とにかく、後ろ足を引き付けるスピードです!

体重移動と突きのタイミングを合わせる

次に、重心移動と突きの方向を一致させた上で、踏み込む足と突きのタイミングを合わせましょう。

このタイミングがずれると威力が半減してしまいます。

また、拳を付き出すときには、拳をひねり込むことも忘れずに。

腰を上下させないように意識する

後ろ足を引き付けるときに、腰が浮く人をよく見かけますが、これは上方にエネルギーが逃げてしまうので、これも突きの威力を半減させることになります。

突きのスピードもなくなってしまうので、ポイントを奪いにくくなります。

突き手側の腰をしっかり前に押し出すイメージを持ちましょう。

スポンサーリンク

組手の試合では

追い突き(順突き)は相手の間合いに素早く入り込むことができるので、自分よりも背の高い選手に対して有効な技です。

追い突きを狙うときは、少し間合いを遠めにとっておくとやりやすいです。

-空手の組手・技

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.