美しい空手の突きのコツは力まず脱力すること。そのポイントは?

投稿日:

空手の組手や形の試合で、先生から「力むな!」「リラックスしてやれ!」と言われた経験のある人は多いのではないでしょうか?

確かに体に力が入っていると、動きは鈍くなり、突きも蹴りもキレがなくなります。

逆に体に力が入っておらず、適度に脱力した状態のほうが、体が軽く感じるという経験をした人もいるかもしれません。

力むなって言われて簡単に脱力できれば苦労はないんですよね。

どうすれば、適度に脱力して、力みをなくした状態で空手の組手や形の試合に臨めるのでしょうか?

ストレッチをして体を柔軟にしたところで、力みがなくなるわけでもないし・・・

この記事では空手の組手や形の試合で、あなたが持っている力をすべて発揮するために必要な考えやトレーニングについて説明します。

これを知っていると知らないとでは、試合での結果が大きく変わってきますよ。

では、参ります!

スポンサーリンク

脱力するための考え方

力まずに脱力するための考え方をまず説明します。

脱力するための一番のコツは、「脱力しようとしないこと」です。

「は?」という声が聞こえてきそうですが、どういうことかというと、「力を抜く」と考えるのではなく、「最小限の力を入れる」というふうに考えるのです。

空手などの武道に限らず、スポーツの世界においても、トップアスリートが極限に集中した状態を「ゾーンに入る」といいますね。

このとき、アスリートたちは、「力が入り過ぎ!力を抜かなきゃ」なんて考えているでしょうか?

このように意識している時点でゾーンとは程遠い状態です。

武道やスポーツで何か良い結果が出たとき、「力を抜こう」と思って良い結果が出るということはないと思います。

「力を抜こう」なんて思わなくても、「自然と力が抜けている状態」になっていたはずです。

この「自然と力が抜けている状態」はどうやったらできるのでしょうか?

それが、先ほど書いた「最小限の力を入れる」という考え方です。

脱力するためのトレーニング

では、どうすれば具体的に必要最小限の力を入れるという感覚が身につくのでしょうか?

考え方がわかったとしても、実際にできなければ意味がないですからね。

最小限の力を入れる前に、まずは静止した状態で完全に体の力を抜くトレーニングを行いましょう。

試合で動いているときに脱力することは難しくても、静止している状態なら脱力することはできますよね?

静止している状態で体の力を抜くコツは「両肩を落とすこと」です。

顎(あご)を引いて首の後ろの筋を伸ばし、この状態で両肩をスッと落とします。

ちょっと難しい話になりますが、首の後ろが伸びている状態のときには、胸郭の位置が高くなっています。

胸郭の位置が高くなると、腹部や背中の筋肉は胸郭に引っ張られるように上に伸びます。

すると背筋が自然と伸び、肩のまわりが楽になります。

頭を支える負担が軽くなるんですね。

この状態で両肩を落とすと、今度は腕の筋肉が緩んできます。

さらに、胸郭の位置を高くした状態で肩を落とすと、呼吸が楽にできるはずです。

深い呼吸ができるようになるので、酸素を多く取り込むことができるようになります。

これによってスポーツのパフォーマンスが向上するのです。

酸素をたっぷり取り入れることができれば、動きも素早くなるし、持久力もアップしますからね。

体に力が入りすぎて、能力を発揮できないというときは、「力を抜こう」と考えるのではなく、姿勢を意識して、両肩を落とすようにしてみてください。

そして呼吸を意識します。

両肩を落として呼吸を意識することで、腕の力みも取れていることに気づくでしょう。

これができるようになったら、「最小限の力を入れる」という考え方に切り替わるまで時間はかかりません。

これで静止した状態ではあなたは簡単に脱力することができるようになります。

では、実際に空手の組手や形の試合で力みを取り、脱力するためにはどんなことを意識すればいいのでしょうか?

それは、手や足を動かすという意識ではなく、体の中心(胴体・体幹・背骨)から動かす意識を持つということです。

これはなかなか説明するのが難しいのです。

例えば、腕の筋肉を使わずに腕を動かすにはどうすればいいと思いますか?

肩を落として、腕をだらっと下におろした状態で、背骨を意識して背骨を中心に体を左右にゆすってみてください。

腕は前後にゆらゆらと動きますよね。

腕の筋肉にはまったく力が入っていないのに。

これは最も極端な例ですが、これが背骨から動かすという意識です。

この感覚をつかむのはとても難しいので、まずは「力んでいるな」と思ったら顎を引き、肩を落とすということを意識してみてはどうでしょうか?

-空手の練習

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.