空手の突きの種類一覧。組手の試合で勝てる突きにするには?

更新日:

空手の突き技には様々な種類があります。

流派によっても違いがあります。

この記事では、代表的な突きの種類を取り上げ説明します。

取り上げた突きの種類は次の通り。

☑正拳突き
☑逆突き
☑追い突き
☑刻み突き
☑三本突き
☑裏拳
☑手刀
☑飛び込み突き

では、それぞれについて見ていきましょう!

スポンサーリンク

■正拳突き

正拳突きはすべての空手の突き技の基本です。

まずは、正拳突きを正確に基本に忠実に出せるようになるまで繰り返し練習しましょう。

小指から拳を握り込み、一度きっちり締めたら、その後は力を抜くようにします。

【関連】拳の握り方

正拳突きを組手の試合で極めるには、運足が大切です。

スピードを意識して体重移動の力を拳に乗せること。

そして後ろ足を地面を踏みしめるように踏ん張ることで威力がアップします。

突きが相手に当たる瞬間に拳を半回転させて、ひねりを加えるとともに、突き手の反対側の手は腰のほうにしっかり引きます。

【もっと詳しく】【初心者向け】空手の正拳突きのコツ【組手で強くなる練習】

■逆突き

逆突きは空手の突きの中でも破壊力のある突きです。

前屈立ちの構えから前足(踏み込む足)と逆側の手で突きます。

逆突きのコツは3つ。

  • 腰を落として骨盤の回転をフルに使うこと
  • 突き手をひねり込むこと
  • 引き手の反動を意識すること

他の突きと同じく、この3つが逆突きのポイントですが、試合で威力のある逆突きを繰り出すには足の使い方も大切です。

腰の入った逆突きを繰り出すには何を意識すれば良いでしょうか?

【もっと詳しく】【初心者向け】空手の逆突きのコツ【組手で強くなる練習】

スポンサーリンク

■裏拳

裏拳は手の甲を相手に当てる技です。

裏拳のメリットは何といっても近い間合いで出してポイントを奪いやすいということです。

遠い間合いからの追い突きと近い間合いからの裏拳の両方をマスターしておけば、あらゆる間合いでポイントを取りに行くことができます。

相手の顎かこめかみを狙うと最短距離で裏拳を繰り出せます。

裏拳の最大のコツはスピードを意識することです。

【もっと詳しく】【初心者向け】空手の裏拳のコツ【組手で強くなる練習】

■手刀打ち

空手チョップというイメージを持っている人が多い手刀打ち。

他の突きとは拳の握りが全く異なりますが、拳を締めるということは同じです。

親指に力を入れてしっかり固めましょう。

手刀打ちは体の前方から出す場合と、体の後方から繰り出す場合があります。

【もっと詳しく】【初心者向け】空手の手刀のコツ【組手で強くなる練習】

スポンサーリンク

■三本突き

三本突きは実戦で有効な突き技を繰り出すための練習という意味合いが大きいです。

三本突きの練習をすることで、試合で使える「連突き」を身に付けることもできます。

ボクシングでいうところのコンビネーションですね。

練習では、上段追い突き→中段逆突き→中段追い付きの順番で行いましょう。

連突きをするときには、どうしてもスピードを意識してしまいますが、それぞれの突きを基本に忠実に繰り出すことがとても大切です。

早く次の突きを出そうという意識が強いと、どうしても体が前に傾いてしまいます。

そうすると突きの威力は半減しますからね。

三本突きをマスターするにはどのような意識が必要なのでしょうか?

【もっと詳しく】【初心者向け】空手の三本突きのコツ【組手で強くなる練習】

■追い突き

追いつきは、踏み込む足と同じ側の手で突きます。

体重が乗るので、その場突きより破壊力が大幅に上がります。

逆突きも威力のある突きですが、追い突きのほうがより体重を乗せやすいのでさらに威力は上です。

前屈立ちの姿勢で半身で構えたところから、後ろ足を引き付け、その足をそのまま大きく踏み込み前方へ体重移動しながら突きを出します。

体重移動と突きのタイミングを合わせることが大切です。

コツは後ろ足を引き付けるときに、スピードを意識することです。

【もっと詳しく】【初心者向け】空手の追い突きのコツ【組手で強くなる練習】

スポンサーリンク

■刻み突き

刻み突きは、小さな動きで素早く相手の動きを封じるときに有効な技です。

しかし刻み突きは動きが細かい分、体重を乗せることが難しいので、刻み突き単体での破壊力は期待できません。

突きから蹴りへのコンビネーションに使うと有効です。

刻み突きでは早く突こうとして体に力が入ってしまいがちですが、体に力が入っていると効果のある突きは出せません。

刻み突きではいかに力まずに出せるかが重要です。

【もっと詳しく】【初心者向け】空手の刻み突きのコツ【組手で強くなる練習】

■飛び込み突き

伝統派空手には四大流派がありますが、和道流独自の移動稽古に「飛び込み突き」というものがあります。

飛び込み突きは難しい技ですが、間合いを一気に縮めてポイントを取りに行けるので、マスターしておくと組手の試合で有利です。

【もっと詳しく】初心者向け】空手の飛び込み突きのコツ【組手で強くなる練習】

-空手の組手・技

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.