【初心者向け】空手の前蹴りのコツ【組手で強くなる練習】

投稿日:

空手の蹴り技にはいくつかの種類がありますが、すべての蹴り技の基本となるのが前蹴りです。

前蹴りをしっかりトレーニングすることで、腰の入ったキレのある蹴りを身に付けることができます。

スポンサーリンク

前蹴りの手順

上体のバランスを取り、膝を高く抱え込みます。

蹴り足の足首を締めて、腰を前に押し出す感覚で蹴りを出します。蹴りは脚の甲やつま先ではなく、上足底で蹴ります。

 

バランスを取って着地します。

前蹴りは動作が大きくなるので、バランスを崩さないように軸足にしっかり体重を乗せましょう。

前蹴りのポイント

使う足の部位に気をつける

前蹴りでは上足底を使います。

蹴り出すときに、できるだけヒザを高く上げるようにすると、リーチを長くすることができます。

リーチが長ければ、相手の中段、上段へ蹴りを入れることも可能です。

ヒザを抱えるときに足首を曲げることで、上足底を使いやすくなります。

重心をスムーズに移動させる

動作が大きくなる前蹴りでは体がブレないように軸足で地面を踏みしめましょう。

かかとを浮かさないように意識することがポイントです。

蹴りを出すときには、足で蹴る感覚ではなく、腰を前に押し出して重心を蹴り足に込める感じです。

蹴り足の指をしっかり上方に反らせて固め、足の裏の上足底を当てるようにしましょう。

着地のバランスをとる

蹴りを出した直後は、蹴りと同じスピードで足を胸のほうに引き戻します。

そして相手の反撃をかわせるように、左右の足を適度な距離をとって着地します。

スポンサーリンク

組手の試合では

相手が上段を突いてきたときに前蹴りで対抗します。

突きよりリーチが長いので極まりやすいです。

極まらなかったとしても、相手の前進を止めることができるので、フェイントとして前蹴りを使うのも試合では有効です。

-空手の組手・技

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.