【初心者向け】空手の横蹴りのコツ【組手で強くなる練習】

投稿日:

空手の横蹴りには、

  • 横蹴上げ(よこけあげ)
  • 横蹴込み(よこけこみ)

この2種類があります。

横蹴上げは近い間合いでも使えるのに対し、横蹴込みは相手との距離が遠い場合に使います。

スポンサーリンク

横蹴上げの手順

横蹴上げは、半身の体勢から後ろ足を軸足のふくらはぎの裏側に寄せて立つ「交差立ち」になります。

そしてヒザを横に抱え込み、あげた足首を内側にひねります。

ヒザを支点にして、蹴りを繰り出します。

横蹴上げのポイント

ヒザのスナップを効かせる

横蹴上げのポイントは、膝のスナップを効かせて、ムチのようにはね上げるように蹴ること。

股関節を開いてヒザを横に出す

股関節を開くように意識して、足首を内側に曲げ、ヒザを横に出します。

重心は軸足に

軸足に重心を乗せて軽く曲げます。蹴りと同時に軸足を伸ばします。

スポンサーリンク

横蹴込みの手順

横蹴込みは足裏の小指側の側面を使って、相手を蹴る技です。

横蹴上げより遠い間合いにいる相手に有効です。

手順は横蹴上げと同じですが、違いはヒザの抱え込み方です。

ヒザが体より前に出ないように、自分の体の正面にヒザを抱え込みます。

横蹴上げでは股関節を開くことを意識しますが、横蹴込みでは股関節は開きません。

蹴りは腰を相手に向かって突き出す感じです。

横蹴上げと横蹴込み、構えの違い

足を抱え込んだときのヒザの位置が違います。

-空手の組手・技

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.