【初心者向け】空手の回し蹴りのコツ【組手で強くなる練習】

投稿日:

空手の回し蹴りは、文字通り、足で円を描くように回しながら蹴りを入れる技です。

相手の死角から攻撃できるので、意表を突いた攻撃となります。

スポンサーリンク

回し蹴りの手順

前屈立ちの構えから軸足のヒザを軽く曲げ、蹴り足のヒザを体の横に高く抱え込みます。

軸足を開いて上体を傾け、腰を回して蹴ります。

蹴り足を引いて着地。次の動きに備えます。

回し蹴りのコツ

蹴り足のヒザを抱え込む

腰の入った回し蹴りを繰り出すには、体の真横にヒザを高く抱え込んでおくことが重要です。

本来の回し蹴りでは、相手に当てる部分は上足底です。

そのため、ヒザを抱え込んだ時点で足首を曲げてしっかり固めておくことがポイントです。

腰を回す

蹴りの動作とともに、軸足を外側に開き、上体を傾けてバランスを取りながら腰を素早く回します。

組手の試合では足の甲で蹴ってもポイントにはなりますが、練習のときは本来の上足底で蹴る練習をしておきましょう。

引き足を取る

蹴った直後に引き足をしっかり取ることで、蹴り足のコントロールがしやすくなります。

また、バランスを崩さないために、軸足をしっかり床につけて踏ん張りましょう。

かかとが浮かないように意識するのがポイントです。

組手の試合では

相手の死角から回し蹴りを出せるように、刻み突きをフェイントに使いましょう。

刻み突きで相手の注意を向けた逆方向から回し蹴りを放てるような練習をしておきましょう。

-空手の組手・技

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.