【初心者向け】空手の裏回し蹴りのコツ【組手で強くなる練習】

投稿日:

空手の裏回し蹴りは、回し蹴りと逆の軌道で、かかとを後方へ引きながら外から内へ蹴り足を回す技です。

回し蹴りも相手の意表をつく技ですが、この裏回し蹴りも相手の裏側からの攻撃になるので、意表をつく蹴りを極められます。

ただ、回し蹴りよりもさらにモーションが大きいので、体全体のバランスを取るのが難しい技です。

この記事では裏回し蹴りのポイントを見ていきましょう。

では、参ります!

スポンサーリンク

裏回し蹴りの手順

軸足のヒザを少し曲げて、蹴り足を高く抱え込みます。

体を後ろへ倒しながら蹴りを出します。

バランスを崩さないようにしっかり着地。

裏回し蹴りのコツ

蹴り足を高く抱え込む

軸足のヒザを軽くまげて体を支え、蹴り足を体の内側に高く抱え込みます。

ここまでの動作で相手に前蹴りが来ると思わせることができれば、裏回し蹴りがより極まりやすくなります。

狙いは相手の側頭部

裏回し蹴りで狙うのは相手の側頭部です。当てる足の部分は足の裏側です。

かかとがまともに当たると反則を取られてしまいます。

足の裏で当てるために、足首をしっかり伸ばしましょう。

ヒザのスナップ

蹴り足が外から内側へ弧を描くような軌道が裏回し蹴りの理想。

そのためには蹴り足の膝関節のスナップをきかせて、ヒザを伸ばしながらシャープに振り抜くようにしましょう。

かかとを後方へ引く意識を持つのもポイントです。

また、上体を後ろへ倒すようにすると腰をうまく回転させることができます。

スポンサーリンク

組手の試合では

裏回し蹴りは大技である分、外してしまうと、相手に絶好の反撃機会を与えてしまうことになります。

体勢を崩さないように着地し、すぐに次の動作に移れるようにしましょう。

-空手の組手・技

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.