【初心者向け】空手の中段外受けのコツ【組手で強くなる練習】

投稿日:

相手の攻撃を外へ逃がすのが中段外受けです。

中段外受けは相手の突きや蹴りを前腕をひねって外側へ弾き飛ばす受けです。

中段外受けは腕の力だけでなく、腰を回転させることで生まれる遠心力も利用することで、強力に相手の攻撃を跳ね返すことができます。

中段外受けにはどのようなポイントがあるのでしょうか?

では、参ります!

スポンサーリンク

中段外受けの手順

引き手の下で腕を交差します。

足を一歩踏み込んで半身の体勢になります。

拳をギュッと握って、肘のスナップを効かせ、前腕部を前に出します。

中段外受けのポイント

支点の肘を固定する

受けてを素早く出すためには、肘をしっかり固定して肘関節のスナップを効かせて素早く腕を前に出します。

肘をしっかり固定することで、相手の攻撃の威力を受け止めることもできます。

前腕にひねりを加える

相手の突きを受ける瞬間に前腕を回転させてひねりを加えます。

相手の突きの威力を止めるには、腕の力だけでは不十分です。

腕だけで止めに行こうとすると、相手の威力に押されてしまうでしょう。

そのため、腕を回転させることで生まれる遠心力を利用します。

腰の回転を意識する

前腕を回転させるだけでなく、半身の体勢になるときに腰を入れて回転させることで相手の攻撃を弾き飛ばす威力が生まれます。

腰を回転させることで、すぐに反撃できるというメリットもあります。

スポンサーリンク

組手の試合では

中段外受けで相手の突きを外側に弾き飛ばしたら、そのまま受け手で追い突きを極めにいきましょう。

最短距離で相手の中段を捉えることができるでしょう。

-空手の組手・技

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.