【初心者向け】空手の中段内受けのコツ【組手で強くなる練習】

投稿日:

中段内受けは「外受け」とは逆の方向へ相手の攻撃を叩き落す受け技です。

特に自分のみぞおちを狙ってきた突きに対して有効な受け技です。

体の外側から内側へ受け手を振り下ろし、肘を脇腹の前で止めるように意識しましょう。

スポンサーリンク

中段内受けの手順

引き手を前に出し、受け手を振りかぶります。

前足を踏み込み、受け手を振り降ろします。

受け手を内側へひねって、相手の攻撃を撃墜します。

中段内受けのポイント

受け手の振り下ろし

顔の横に構えた受け手を思いっ切り振り下ろします。

振り下ろすときには、遠心力も利用できるように、直線的に振り下ろすのではなく、円を描くように振り下ろしましょう。

ひねりを加える

受け手の拳を強く固めて、前腕を180度ひねることによって相手の攻撃に負けない受けとなり、確実の相手の突きを外へさばくことができます。

重心は前足に

相手の攻撃を受ける瞬間に、前足に重心を移して腰を回すことにより、簡単に崩れることのない受けの体勢を取ることができます。

このとき半身になっておくと、反撃がしやすくなります。

スポンサーリンク

組手の試合では

相手の突きを外へさばくと同時に相手の中段へ逆突きを極めましょう。

そのためには間合いをしっかり取ることが必要です。

-空手の組手・技

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.