【初心者向け】空手の下段払いのコツ【組手で強くなる練習】

投稿日:

組手の試合で相手が下段を狙って前蹴りを出してきたとき有効な受け技が下段払いです。

蹴りだけでなく、下段を狙った突きにも有効。

下段を狙った蹴りや突きを上から払い落とす技です。

下段払いはどのようなことを意識すればいいのでしょうか?

この記事では下段払いのコツやポイントを説明します。

では、参ります!

スポンサーリンク

下段払いの手順

引き手を前に出し、耳の横で受けてを振りかぶります。

前足を踏み込みます。

前足に体重を乗せて受け手を振り下ろします。

下段払いのポイント

肘を締める

構えるときに、受け手を耳の横くらいに振りかぶりますが、このとき肘をしっかり締めることがポイントです。

肘をしっかり締めることによって相手の攻撃に負けないようになります。

肘が締まっていないと、受け手に力が伝わらず、振りが鈍くなってしまいます。

遠心力を利用する

下段払いも外受けや内受けと同じく、前腕をひねることによって遠心力を生み出すことによって、受けのパワーを増すことができます。

ひねりを加えず単純に振り下ろすだけだと、相手の蹴りに押されてしまいます。

前足へ重心移動

下段払いでは、前足の太ももの前あたりで相手の攻撃を受け止めます。

手を振り下ろすと同時に、前足へ重心を移動させながら、手を振り下ろす方向と逆方向に腰を回転させることで、受けはさらに強くなり、相手の強い蹴りにも負けないようになります。

強力な受けをするには、「肘+ひねり+腰の回転」が重要だということですね。

スポンサーリンク

組手の試合では

下段払いで相手の蹴りを払ったら、間髪入れず(相手の足が地面に着く前に)、相手の中段を狙って前蹴りを放ちましょう。

-空手の組手・技

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.