【初心者向け】空手の流し受けのコツ【組手で強くなる練習】

投稿日:

流し受けはなかなか難易度の高い受け技ですが、流し受けからカウンターで逆突きなんて極めることができたら最高に気持ちいいですよね!

ここでは流し受けのコツについて説明します。

では、参ります!

スポンサーリンク

流し受けの手順

受け手を顔の正面より右(左)に構え、構えた位置で突きを流します。

流すと同時にカウンターで相手に突きを入れます。

流し受けのポイント

左右どちらも使えるように

流し受けは右手の手のひらか、左手の甲で受け流します。

このどちらのパターンも同じように使えるよう繰り返し練習しましょう。

手首の返しを意識する

受け流しは相手の突きをたたき落とす技ではありません。

あくまで軌道を変えるのが目的です。

突きを流す瞬間に手首を少し返すと、突きを流すことができます。

難易度が高いですが、ぜひ挑戦しましょう。

スポンサーリンク

組手の試合では

上段を狙ってきた相手の突きを横に流すと同時にカウンターで突きを入れるのが流し受けです。

組手の試合では、流し受けは常に攻撃と組み合わせて使うことを意識しましょう。

これは繰り返しこの動作を練習して体に覚えさせるしかありません。

相手の突きを完全に見切る事ができたなら、流さずに手首をつかんで引き倒すというのもアリでしょう。

これができれば、確実にポイントを奪うことができますね。

-空手の組手・技

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.