【初心者向け】空手のすくい受けのコツ【組手で強くなる練習】

投稿日:

相手の突きや蹴りに対して、手や足をすくって手前に引く受け技を「すくい受け」といいます。

相手の手首、足首を手のひらですくってバランスを崩すので、タイミングが合えば完全に相手の体勢を崩すことができるでしょう。

この記事ではすくい受けのコツ・ポイントを説明します。

では、参ります!

スポンサーリンク

すくい受けの手順

相手が右で蹴ってきた場合、左手で相手の足首をすくい、右斜め後ろに引きます。

間髪入れず、突きを入れます。

すくい受けのポイント

下から上にすくう

すくい受けは相手の突き、蹴りのパワーを利用する受け技なので、手首、足首をつかむというイメージではなく、下から上に軽くすくってやれば、相手の蹴り、突きの軌道が変わります。

それだけで相手は完全にバランスを崩す事でしょう。

受け手を斜めに引く

受け手はまっすぐに引くのではなく、斜め方向に引くようします。

相手が右で蹴ってきたときのことをイメージしてください。

左手ですくい受けをする場合、自分からみて右側に引けば、相手は背中を向けて着地することになります。

なんと無防備な体勢でしょう。

簡単に突きを入れてポイントを奪うことができますね。

スポンサーリンク

組手の試合では

すくい受けから、相手の蹴り足が着地する前に、突きを極めにいきましょう。

相手との間合いが近い場合は、裏拳を使うのも選択肢のひとつです。

-空手の組手・技

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.