【初心者向け】空手の手刀受けのコツ【組手で強くなる練習】

投稿日:

空手の受け技は前腕で受けるものが多いですが、この記事では手刀で受ける技をみておきましょう。

受け手を耳に持ってきて、前腕のスナップをきかせて打ち下ろすのが手刀受けです。

打ち下ろすときに腰を回転させることで遠心力を利用できるので、相手の強い攻撃にも負けずに受けができます。

また相手の攻撃を受ける瞬間に手刀をギュッと固めることもポイントです。

気を付ける点としては、受け手のヒジは開きすぎないように、内側に入りすぎないように脇腹の線状におろしましょう。

スポンサーリンク

手刀受けのポイント

手刀を固める

親指の第一関節を外側に張るように曲げて、手刀をしっかり固めましょう。

腰を回転させる

受け手を振り下ろしながら、腰を回転させましょう。

前腕のスナップをきかせる

肘をしっかり曲げて、手のひらを耳の位置まで上げたところから、前腕のスナップを効かせてムチのように振り下ろします。

手刀は相手に向けましょう。

-空手の組手・技

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.