【初心者向け】空手の体さばきの基本と左反転・右反転のコツ

投稿日:

空手道において体さばきは相手の攻撃をかわすことが真の目的ではありません。

かわした後すぐに反撃できる位置へ移動することが大切です。

この記事では、体さばきの基本動作と左へかわす場合、右へかわす場合のコツをみていきましょう。

では、参ります!

スポンサーリンク

体さばきの基本

体さばきのコツは腰をしっかり回転させること。

回転するときの軸になるのが前足の母指球(足の親指のつけ根のふくらみの部分)です。

ここを軸にして素早く回転しましょう。

左へかわす場合

相手が右で上段または中段を突いてきたら、左へ体をさばくことによって、相手を攻撃しやすくなります。

右へかわす場合

相手が右で上段または中段を突いてきた場合は、上に書いたように左へかわすことが多いのですが、間合いや体勢によって右にかわす場合もあります。

このときは、前足の母指球を軸にして左へかわす場合と逆方向に腰を回して反転します。

左への体さばき、右への体さばき、どちらもスムーズにできるように、練習のときには、相手との間合いをイメージしながら練習しましょう。

-空手の組手・技

Copyright© 空手ロード , 2019 All Rights Reserved.