世界空手道協会について

世界空手道協会 加盟団体受付について


現在、世界空手道協会では新規加盟団体を受付中です。

連盟や協会等に参加できず、道場の子供たちを試合に出場させられないと思い悩んでいる先生方。

子供が試合に出場できる環境を作ってあげませんか?

お問い合わせはこちら

協会加盟「紲心会」の詳細はこちらから確認してください。

広島の空手教室|大会上位入賞者続出の紲心会|強くなれるのはなぜ?

世界空手道協会ルールについて

試合における審判技術の確立の向上をはかり、公平かつ正確な審判を行う事、及び選手の試合中における規律ある行動の保持を目的とする。

競技者

  • 全ての安全具は世界空手道協会承認のものでなければならない。
  • 面・胴・手(白の布地)・足(白の布地)のサポーターは着用すること。
  • 男子は金的カバーを着用すること。
  • マウスピースはケガ防止の為、できるだけ着用する事。
  • 競技者は爪を短く切り、金属その他相手に危険を及ぼすような物は一切みに着けない。(金属製のヘアピン使用不可)
  • 空手着の袖、裾はまくってはならない。

形ルール

1)審判員は主審を入れて3人または5人で行う。

2)2名同時に行い、終了後旗判定にて勝者を決める。

3)演武の時コートからはみ出してもよい。

4)判定基準

a)形の理解度、キレ、スピード、バランス、極め

b)極めに必要な性格で適切な呼吸

c)着眼及び集中力

5)時間 2分

組手ルール

1)時間 1分30秒

2)6ポイント差勝負

呼び方 ポイント
蹴りが顔面をとらえた時。強い突きにより倒れたが、すぐに起き上がった時。 1本 3
蹴りが中段に決まった時。 技あり 2
突きが上段、中段に決まった時。 有効 1
  • 主審の「やめ」「それまで」の宣告と同時の攻撃は認められる。
  • 連続で決まった時はポイントの高い技を取る。
  • 同時に決めた技は、それぞれの得点とする。
  • 同点の場合は、ポイント先取した選手の勝ちとする。
  • 両選手共、得点が無い場合延長1分、それでも入らない場合は判定とする。

投稿日:

Copyright© 空手ロード , 2018 All Rights Reserved.